BookShop

*ライトノベルを書きました。

魔法使いを目指して修行中の女の子の物語です。

一度読んで見てくださいね。

この物語はフィクションです。実在の個人・団体とは無関係です。

   

クリック一つでアマゾンでお買い物できます。

現代魔法使いへの道 第一章 魔法学校へようこそ

二学期が始まって、ようやく夏休み気分も抜けた日曜日の昼下がり。

サクラは駅前のスターバックスで、いつも通り抹茶ラテを飲んでいた。

ここへ来る途中、駅前で反射的に受け取ったばかりのチラシを、

ぼんやりとながめていると、いつも通り、

待ち合わせに十分きっかり遅刻して、クラスメイトのモモがやってきた。

「何を読んでいるの?」

とそのチラシをサクラの背中越しにヒョイと取り上げると、

声を上げて読み始めた。

 

三千年の歴史を誇る魔法学校へようこそ!

変革の時代、世界中で目まぐるしく起こる様々な出来事。

あぁ、魔法が使えたら・・・と思うことはありませんか?

そうです。こんな時代だからこそ魔法が求められるのです。

本校は、偉大なる賢王ソロモンの霊統を汲んだ歴史と伝統ある学校です。

卓越した講師陣が、全くの初心者から、

カリキュラムに沿って指導していきます。

老若男女を問わず、どなたでも

興味と意欲のある方なら魔法を学ぶことができます。

本当の自分を知りたいあなた、自分を、人生を劇的に変えたいあなた、

真の魔法を学んでみませんか?

あなたも魔法使いになれます。まずは学校説明会に、

お気軽にお立ち寄りください。

 

「何これ?面白そうじゃん!」

「怪しくない?今どき魔法って・・・」

「ねぇ、五時からなら間に合うよ。行ってみようよ。」

「えぇー、でも今日は映画を観るって・・・」

「映画なんて、またいつでも見られるから。

本物の魔法使いに逢えるかもしれないじゃない。

絶対こっちの方が、面白いよ♪」

「ねぇ、一緒に行こう!お願い!」

サクラは、このモモの「お願い!」に弱い。

モモは、周りにいる人たちを笑顔にせずにはいられない、

ヒマワリの花のような明るく華やかな雰囲気を持っている。

そのモモに、両手を顔の前で合わせて、少し首を右に傾け、

宝石のようにキラキラと輝く大きな瞳で、

子犬のようにまっすぐ見つめられると、

つい「うん」と答えてしまうのだ。

 

というわけで、今、二人は、

とあるテナントビルの五階のドアの前にいた。

チラシの裏の地図によれば、

このドアの向こう側が魔法学校ということになる。

何の変哲もない普通のオフィスのドアで、

外からでは内部の様子は解らない。

「ここだよね?」

思いがけず中から「は〜い」という明るい女性の声が聞こえた。

カギをあけてドアノブを回す音。そしてドアが開いた。

一瞬、二人は目を閉じてしまった。

あまりにも眩しいような気がしたのだ。

その眩しい光の中で、女性がほほ笑みながら、二人を見つめている。

会ったことはないけれど、きっと女神様ってこんな感じかなと、

サクラがひそかに感じたほどの容姿の整った美しい女性だ。

「何かご用かしら?」

その声に我に返ったサクラは、おそるおそるチラシを差し出した。

「まぁ、学校説明会にいらしてくださったのね。

どうぞ中へお入り下さいな」

と女神は二人を中へと招き入れてくれた。

女神に案内されて通された部屋は、ごく普通の応接室で、

すすめられるまま二人はソファーに腰をおろした。

女神も、二人の前に座った。

 

二人に、女神は優しく声をかけた。

「ようこそ魔法学校へ。私は本校の広報担当の、

カメリアと申します。よろしくお願いしますね」

「お二人のお名前をお聞きしてもよろしいかしら?」

「高橋サクラと」「佐伯モモです」

「サクラさんとモモさんね」

「で、サクラさんは、どうして魔法使いになりたいのかしら?」

「えっと、あの、ちょっと興味があっただけで、

なりたいとかそういうのじゃなくて・・・」

「まぁ、それは変ね。魔法使いになりたくない人には、

あのチラシの文字は見えないはずなのだけれど」

「それは、あのチラシにも魔法がかけてあっったってことですか?」

「もちろんよ。誰でも彼でも入学できるってものではないのよ。

魔法を学ぶにはある程度の素養と準備が必要なの」

「ご存じかしら?あの有名な宅配便屋の魔女キキさん」

二人は、おそろいの黒猫ジジの携帯ストラップに目を落とした。

「彼女もよくおっしゃっていたでしょ。

『魔女は血で飛ぶんだ〜』って 」

「流派によって多少違いますが、本校ではチラシを受け取って

その内容を読み取ることが、入学のための一次試験です」

サクラとモモは、思わず顔を見合せた。

「読めるということは、魔法使いの素質があるということなのです。

ですからお二人は一次試験合格です」

 

「それなら、二次試験はどんな風に?」

なんだか、のせられたようにサクラは訊ねてしまった。

「だから、それが先ほどの質問なのよ。

どうして魔法使いになりたいのか?」

二人は、この答で合否が決まるのだと思うと、合格したいような、

したくないような、複雑な心境で、思わず顔を見合せた。

次の瞬間、何かをふっきったように、

「何だか人生がもっと楽しくなりそうだから」

と満面の笑みを浮かべてモモが言いきった。

「なるほど。ではサクラさんは?」

少し考えて、サクラは静かに答えた。

「もし魔法が使えたら、

何か人の役に立つことができるかもしれないから」

自分でも意外な答えだった。天真爛漫で華やかなモモに比べ、

サクラは人付き合いが苦手で、

将来は人とあまり関わらなくてすむ、

システムエンジニアになろうと思い込んでいたのだ。

カメリアは、満足そうにうなずきながら二人に伝えた。

「お二人とも合格おめでとう。今日から二人は本校の生徒です」

「やったぁ!」

二人は思わず立ち上がり、抱き合って喜んだ。

 

そして二人に魔法学校の生徒手帳が手渡された。

「今の気持ちを、どうぞ忘れないでいてくださいね。

サクラさんの何か人の役に立ちたいという姿勢は、

実は魔法使いにとって基本中の基本です」

「魔法使いの基本ですか?」

「そうです。魔法とは、奉仕するために授かるものなのです。

この力を自分の欲望を満たすためだけに使ったら、

人は魔法に恐怖を感じるようになり、

それは単なる暴力と同じことになってしまいます」

カメリアは、サクラに、にっこりとほほ笑みかけた。

「ですから魔法の力は、誰か他の人のために役に立って、

始めてその意味をもつのです」

カメリアはモモの方に向き直ると、言葉を続けた。

「それからモモさんの人生を楽しむという姿勢は、

今この地球に最も必要なことです」

「えっ?本当ですか? 楽しむことが役に立つんですか?」

思わずモモは問いただした。

「楽しそうな人をみているだけで、

周りの人たちも皆が楽しくなっていくでしょ?」

モモはうなずいた。サクラも横で大きくうなずいていた。

確かにモモの楽しそうな笑顔を、見ているだけで嬉しくなる。

「あなたが楽しいという思いを広げるために、

きっと魔法は役に立つはずです」

モモの笑顔が輝いた。

「人生に苦労はつきものだっていうし、

苦労は人を成長させるっていうでしょ。確かにそうなのですが、

人生に楽がいっぱいあれば、

苦労を苦労と感じなくて済むと思うのです」

 

「人生楽ありゃ、苦はないさ」

がっくりとうなだれる出番なしの水戸黄門を想像して、

サクラは思わず噴き出しそうになった。

合格の喜びと興奮で、その後、

どうやってそれぞれの家に帰り着いたのか、

良く覚えていなかった。ただ、理屈ではなく、

おなかの底から湧き上がってくる喜びを噛みしめていた。

魔法を使って、奉仕をしていける。

魔法を使って、楽しみながら、人の役に立つことができる。

二人はそれぞれに、喜びに包まれたまま眠りにつき、

そして・・・

 

続きはこちらでどうぞ♪
  • 携帯小説「現代魔法使いへの道」